明治25年の台風

災害年月日
1892年07月23日
市町村
徳島県阿南市(那賀川町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
明治25年(1892)7月23日、台風が高知市に上陸し、四国、中国を縦断した。那賀川町では赤池で那賀川の堤防決壊、大手海岸の侵食などの被害が出た。山地崩壊は那賀川上流の高磯山(上那賀町)が最大で、これにより那賀川は荒廃をきたし、影響ははかりしれないものとなった。このほか海部川の平井(海南町)、勝浦川の福原(上勝町)などでも大崩壊が起こった。徳島市では高潮によって全市が浸水した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
那賀川町史編さん委員会編「那賀川町史 上巻」(那賀川町、2002年)、879頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 赤池 那賀川決壊 大手海岸侵食 高磯山崩壊
NO.
徳島372

よく似た災害

明治36年の豪雨

明治36年(1903)7月、梅雨末期の豪雨により、那賀川その他県南小河川で氾濫被害があったものと思われる。(「徳島県災異誌」、「水害統計」、「那賀川改... 続きを読む

明治36年の豪雨

明治36年(1903)7月、梅雨末期の豪雨により、那賀川その他県南小河川で氾濫被害があったものと思われる。(「徳島県災異誌」、「水害統計」、「那賀川改... 続きを読む

昭和50年の台風6号

昭和50年(1975)8月23日、台風6号により、那賀川上流域では総雨量が600~850ミリに達した。このため、下流古庄では23日4時に最高水位7.3... 続きを読む

昭和51年の台風17号

image

昭和51年(1976)9月11日、台風17号により、那賀川上流では未曾有の大豪雨となり、木頭村日早では連続降雨量2,576ミリを記録した。山は至る所で... 続きを読む

昭和6年9月の台風

昭和6年(1931)9月6日、台風により那賀川以南で雨が多く降り、小河川の氾濫によって局地被害となった。(「徳島県災異誌」、「水害統計」、「那賀川改修... 続きを読む