昭和3年の台風

災害年月日
1928年08月30日
市町村
徳島県阿南市(那賀川町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和3年(1928)8月30日、台風が豊後水道を北上し、中国地方に抜けた。県内の大部分で200~300ミリを観測し、那賀川上流で多く降り、近年まれな出水となった。那賀川では大正7年(1918)の洪水で被害を受けた堤防の復旧工事が緒についたばかりであったので、再度の被害を受けた。また、大手海岸が危険になり、山地で土砂崩れが多数発生した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
那賀川町史編さん委員会編「那賀川町史 上巻」(那賀川町、2002年)、879頁及び881頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 那賀川 大手海岸 土砂崩れ
NO.
徳島373

よく似た災害

昭和60年の竜巻

昭和60年(1985)10月5日午後6時40分、新居地区のビニールハウス地帯を幅100m、長さ500mにわたって、竜巻が走り抜けた。ビニールハウスが全... 続きを読む

昭和50年の台風6号

昭和50年(1975)8月22日朝から、台風6号による雨が本格的に降り始め、23日午前4時頃まで続いた。この雨で、国道193号は清水で81m、谷口で1... 続きを読む

昭和62年の台風19号

昭和62年(1987)10月16日夜半、台風19号が来襲し、畑作物や水田などに被害を受けた。特に香川県東部に集中豪雨をもたらし、新川などが決壊、東部を... 続きを読む

正保元年の井関池の決壊

image

正保元年(1644)8月、井関池が決壊した。井関池はこの年2月に完成したばかりであった。 続きを読む

昭和18年の台風

昭和18年(1943)、台風による害を受けたが、中でも土居中、増田、元宗で被害が多かった。 続きを読む