昭和50年の台風6号

災害年月日
1975年08月23日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和50年(1975)8月23日、台風6号が徳島東岸を北上し、神戸市西方に上陸した。県下に大きな被害が発生したが、なかでも木屋平村、一宇村ではがけ崩れにより多くの犠牲者が出た。これは地質のもろい三波川変成帯と短期に集中的に降った雨の影響が重なったためである。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
那賀川町史編さん委員会編「那賀川町史 上巻」(那賀川町、2002年)、879頁及び885頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 崖崩れ 死者
NO.
徳島374

よく似た災害

平成16年の台風23号による土砂災害

平成16年(2004)、台風23号により、さぬき市門入川上流域では多数の崩壊が発生した。その多くは崩壊深1.0m以下の表層崩壊であったが、一部崩壊震度... 続きを読む

昭和50年の台風6号

昭和50年(1975)8月22日~23日、台風6号により県下に大きな被害が発生したが、特に木屋平村、一宇村では山・崖崩れにより多くの犠牲者でが出た。総... 続きを読む

昭和50年の台風6号

昭和50年(1975)8月22日~23日、台風6号により県下に大きな被害が発生したが、特に木屋平村、一宇村では山・崖崩れにより多くの犠牲者でが出た。総... 続きを読む

平成16年の台風15号

平成16年(2004)8月17日~19日の台風15号の豪雨により、大川村では土石流や路肩崩壊により道路が寸断され、村全体が孤立した。夏合宿していた塾の... 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月18日、枕崎台風により、植松で2戸全壊したが、これはゲジノ尾山よりの下ろし風が当たったと言われる。 続きを読む