明治25年の洪水

災害年月日
1892年07月27日
市町村
徳島県那賀町(上那賀町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
明治25年(1892)7月25日正午頃、木頭村大字大戸村(現上那賀町大戸)の標高約600mの高磯山が大崩壊し、崩積物は対岸の春森へ河床から約110mまで押し上げて那賀川を堰き止めた。天然ダムは最低所が河床から71m(標高251m)の高さで、上流に湛水量推定7,250万トンの貯水池をつくった。2日後に天然ダムが決壊し、鷲敷町和食などで多数の民家が流失した。阿南市中大野町での洪水の水位は、河床から6mと推定された。羽ノ浦町の状況は「明現神社御神火の由来記」に詳しい。赤土水と言われる。
Googleマップ
備考
上那賀町のつずら峠と木頭森林組合前に碑が建立されている。
参考画像

原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
羽ノ浦町誌編さん委員会編「羽ノ浦町誌 自然環境編」(羽ノ浦町、1996年)、140頁及び142-143頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
高磯山崩壊 那賀川 天然ダム 明現神社御神火の由来記 赤土水
NO.
徳島376

よく似た災害

明治25年の高磯山崩壊

image

明治25年(1892)7月25日、豪雨のため、那賀川中流の下木頭村大戸の高磯山北斜面が崩壊し、山麓の荒谷及び対岸の春森の2つの集落10数戸、60余人が... 続きを読む

明治25年の高磯山の崩壊

image

明治25年(1892)、豪雨により、那賀町(上那賀町)大戸の高磯山で大崩壊が発生し、約400万立米の崩壊土砂が那賀川を堰き止めて天然ダムを形成し、2日... 続きを読む

宝永4年の地震による土砂災害

image

宝永4年(1707)10月4日の地震に伴う土砂災害により、仁淀川中流の舞ヶ鼻に天然ダムが形成された。天然ダムの湛水標高は61m(湛水高18m)と推定さ... 続きを読む

明治25年の高磯山崩壊

image

明治25年(1892)7月25日午前11時または正午頃、台風に伴う集中豪雨により、下木頭村大戸の高磯山が大規模に崩壊した。このため、荒谷及び春谷の人家... 続きを読む

明治25年の高磯山崩壊

image

明治25年(1892)7月25日午前11時から正午頃、台風による暴風雨で、上那賀町大戸の高磯山(611m)が崩壊した。崩壊した土砂は那賀川を越えて対岸... 続きを読む