嘉永5年の干ばつ

災害年月日
1852年07月00日
市町村
徳島県阿南市
災害種類
渇水  
概要
嘉永5年(1852)6月、干ばつが42日間続き、畑作物は皆無となった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
中野島小学校編「中野島の姿 第一輯」(中野島小学校、1951年)、16頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ
NO.
徳島390

よく似た災害

嘉永6年の干ばつ

嘉永6年(1853)、干ばつが60日間続いた。 続きを読む

嘉永6年の干ばつ

嘉永6年(1853)6月まで、大干ばつが52日続いた。 続きを読む

明治27年の干ばつ

明治27年(1894)、前年と同様に大日照りで、諸作物は日焼けとなり、不作となった。黍作は皆無となった。旧8月11日に大風が吹いて、少々残っていた黍作... 続きを読む

明和6年の干ばつ

明和6年(1769)4月末より8月20日まで大干ばつとなり、稲作の大半は枯死し、収穫は皆無となった。 続きを読む

嘉永5年の干ばつ

嘉永5年(1852)5月~7月、干ばつにより、稲作皆無の所多し。(「戸波村史」による) 続きを読む