大正3年の干ばつ

災害年月日
1914年00月00日
市町村
徳島県阿南市
災害種類
渇水  
概要
大正3年(1914)、旱害により、新野町では豊田区域で田57町余、荒田野区域で田7町余、畑2反余、甘枝区域で田45町余の合計110町余が被害を受けた。
Googleマップ
参考文献
沖野舜二著「新野町民史」(新野町史編集委員会、1960年)、311頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 豊田 荒田野 甘枝
NO.
徳島394

よく似た災害

大正8年の台風

大正8年(1919)8月、暴風雨のため撫養地方の塩田の堤防120箇所が決壊し、煙突42本、建物120棟が被害を受け、合計110万円の損害を被った。 続きを読む

安政4年の洪水

安政4年(1857)7月29日、出水により、大洲藩で田畑の損毛高20,980石余、2,391町歩余の被害を受けた。 続きを読む

大正12年の水害

大正12年(1923)、大正期最大の水害があり、拝志村が被害を受けた。 続きを読む

大正9年の肥土山の地すべり

大正9年(1920)5月、肥土山地区で地すべりが発生し、農地が被害を受けた。 続きを読む

大正3年の台風

大正3年(1914)9月14日、暴風雨により、湯山第二小学校が流失、100余戸が被害を受けた。橋流失、損害多数。 続きを読む