大正2年の水争い

災害年月日
1913年08月00日
市町村
徳島県阿南市
災害種類
渇水  
概要
大正2年(1913)8月、高井堰の用水が不足し、水田に亀裂をきたす状態になったのを見かねて、藤ヶ井堰の余裕水を供給しようとした。しかし、藤ヶ井堰からの供給は、森国堰と利害相反することとなり、三つの井関関係者間に水争いが起き、富岡警察署長立ち会いのもと、ようやく解決を見た。
Googleマップ
参考文献
沖野舜二著「新野町民史」(新野町史編集委員会、1960年)、311-312頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
用水不足 高井堰 藤ヶ井堰 森国堰 警察
NO.
徳島396

よく似た災害

享保8年の水争い

享保8年(1723)5月5日、下井堰の農民が中井堰を切り取り、主謀者が検挙される事件が起こった。下井堰は中井堰の下流に建設された堰で、もともと水がかり... 続きを読む

明治27年の水争い

明治27年(1894)、大干ばつのため、7月19日午前1時頃、竹原堰の下流にある大井手堰の組合員千人余が舟路の浚渫という名目で、竹原堰を縦断して400... 続きを読む

大正元年の水争い

image

大正元年(1912)、菖蒲上井堰紛争。(「川内町新誌」による)(伊予の水論〔水争い〕年表) 続きを読む

明治10年の水争い

明治10年(1877)8月10日夜、田中村(三木町)の農民200~300人が新川支流の吉田川上流の屋古戸関に押し寄せて、鍬で井関を打ち壊した。この井関... 続きを読む

元文4年の水論

image

元文4年(1739)6月、菖蒲堰の上堰と下堰の分水をめぐり、水論が起こった。 続きを読む