昭和29年の豪雨

災害年月日
1954年07月31日
市町村
徳島県小松島市
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和29年(1954)7月31日、豪雨により櫛渕の湯谷山が崩壊した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
小松島市史編纂委員会編「小松島市史 下巻」(小松島市、1988年)、576頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
豪雨 湯谷山崩壊
NO.
徳島400

よく似た災害

昭和47年の比島山の崩壊

image

昭和47年(1972)9月15日、豪雨により比島山が崩壊し、住家8棟が押しつぶされた上、火を出して10人が死亡した。(写真1枚) 続きを読む

安政元年の南海地震による善徳の崩壊

image

安政元年(1854)11月5日、南海地震(M8.4)により、西祖谷山村の善徳や国見山が崩壊した。 続きを読む

大正15年7月5日の豪雨

大正15年(1926)7月5日~7日の豪雨により、粟井坂道路が崩壊、粟井村各所の貯水池の土手が決壊した。また、北条町鹿島の人家が崩壊し、7日午前5時2... 続きを読む

昭和10年の豪雨

昭和10年(1935)9月22日午後2時頃、過日来の豪雨のため、土讃線池田・三縄間の丸山トンネルで約15坪が崩壊した。幸い列車の通過時でなかったので、... 続きを読む

天保11年の豪雨

天保11年(1840)5月10日、豪雨により野根の別役川流域の五代が崩壊し、野根山街道が決壊した。この時、完成したばかりの長峰用水も損壊した。なお、野... 続きを読む