天保14年の洪水・山崩れ

災害年月日
1843年00月00日
市町村
徳島県小松島市
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
天保14年(1843)、大雨による大洪水、山崩れ、堤切れなど破損箇所が多く、田地が埋まった。この上、8月から9月にわたり長雨があり、立毛部が生え凶作となった。
Googleマップ
参考文献
櫛渕町史編集委員会編「櫛渕町史」(櫛渕公民館、1990年)、375頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 山崩れ 堤防決壊 凶作
NO.
徳島408

よく似た災害

昭和38年の長雨

昭和38年(1963)3月から5月にかけて70日にわたって長雨が続き、麦の収穫が皆無となり、菜種も大被害をこうむった。 続きを読む

天明7年の洪水

天明7年(1787)3月、4月、6月、8月の4ヶ月に5回の洪水があり、麦の収穫がなく、多くの田畑が流失し、大凶作となった。(「野村町郷土誌」による) 続きを読む

明和7年の干ばつ

明和7年(1770)5月頃まで雨降らず、5月にわずかに降雨があったものの、6月から7月にかけて再び雨がなく、大干ばつになった。 続きを読む

明治36年の多雨

明治36年(1903)、暖冬の後、3月から5月にかけて多雨が重なり、記録的な麦の凶作となった。また、三化螟虫が大繁殖し、立江、坂野の稲作に被害をもたら... 続きを読む

平成17年の山崩れ

平成17年(2005)2月21日、西宇で高さ200m、幅15mにわたり山腹が崩壊した。山腹上部から直径7mの岩が国道195号を直撃し、道路の川側約1.... 続きを読む