明治32年の洪水

災害年月日
1899年09月08日
市町村
徳島県阿波市(吉野町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
明治32年(1899)9月8日、洪水により、土成村樫原谷が崩壊し、山津波を起こして、人家が流失し、死者数人が高畑に流れ着くという悲惨事があった。この時、高畑の住民は炊き出し米の配給によって飢えをしのいだという。また、千田須賀の東の堤防が切れた。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
柿島村誌編集委員会編「柿島村史」(柿島村誌刊行会、1961年)、192頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 樫原谷の崩壊 山津波 死者 堤防決壊
NO.
徳島449

よく似た災害

大正4年の水害

大正4年(1915)8月5日、宮川内谷川の堤防決壊6箇所、延長227間、荒地19町歩余、浸水200町歩、流失家屋1棟。七条仁界集落炊き出し米配給。 続きを読む

大正4年の水害

大正4年(1915)8月5日、宮川内谷川の堤防決壊6箇所、延長227間、荒地19町歩余、浸水200町歩、流失家屋1棟。七条仁界集落炊き出し米配給。 続きを読む

昭和40年の水害

昭和40年(1965)9月18日、水田80ha冠水2日間、浸水の戸数26戸、被災人員125人、小舟2隻で炊き出し、米配給する。災害救助法発動、受給者多... 続きを読む

昭和40年の水害

昭和40年(1965)9月18日、水田80ha冠水2日間、浸水の戸数26戸、被災人員125人、小舟2隻で炊き出し、米配給する。災害救助法発動、受給者多... 続きを読む

明治35年の洪水

明治35年(1902)9月、大洪水により渡船が転覆して、乗船していた八万高等小学校の女生徒5人が亡くなるという惨事が起こった。これを機に、吉野川改修工... 続きを読む