昭和42年の干ばつ

災害年月日
1967年06月00日
市町村
徳島県阿波市(市場町)
災害種類
渇水  
概要
昭和42年(1967)6月、干ばつにより農作物被害。(徳島気象台の記録による) なお、市場町の干ばつは昭和43年以降一度も発生していない。これは、昭和30年4月より善入寺島畑地灌漑事業が進められたこと、同年に阿波用水第一期工事が完成したこと、同第二期工事が昭和42年に完成したことが原因と考えられる。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
市場町史編纂委員会編「市場町史」(市場町、1996年)、71-72頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ
NO.
徳島502

よく似た災害

寛永3年の干ばつ

image

寛永3年(1626)4月より7月まで雨がなく、大干ばつに見舞われた。この干ばつの時の様子等を調べた幕府の隠密の報告書「讃岐探索書」には、田畑の作物は焼... 続きを読む

元禄3年の干ばつ

image

元禄3年(1690)、大干ばつに見舞われた。勝田池は底を見せ、田は干割れした。この干ばつを契機に、翌4年には勝田池の増築が開始され、元禄8年に完成した... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

image

昭和9年(1934)、何か月も雨の降らない日が続き、ひどい干害を受けた。農家の人の中には、少ない地下水を汲み上げ、杓ややかんで稲にかける人もいたが、稲... 続きを読む

明和8年の干ばつ

image

明和8年(1771)の大干ばつにより、下麻生村組頭の窪田兵衛門が死罪を受けるという大水論が起こったことを契機として、伊予市八倉・宮下及び松前町徳丸・出... 続きを読む

昭和14年の干ばつ

昭和14年(1939)、大干ばつのため、7月半には県下で約2,000町歩の水稲が枯れた。7月23日には藤岡長敏知事が祭主となり滝宮天満宮で、8月1日に... 続きを読む