昭和29年の洞爺丸台風

災害年月日
1954年09月26日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和29年(1954)9月26日、台風15号(洞爺丸台風)により、徳島県下での被害は冠水田834ha、冠水畑992ha、山崩れ22箇所、被害額10億円以上となった。この台風で函館港で連絡船洞爺丸が沈没して大惨事になった。(「徳島県災異誌」、「徳島県史」、「徳島県史料年表」、「吉野川」、「松島町史」等による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
上板町史編纂委員会編「上板町史 下巻」(上板町、1985年)、639頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洞爺丸台風 山崩れ
NO.
徳島515

よく似た災害

昭和29年の洞爺丸台風

昭和29年(1954)9月26日、台風15号(洞爺丸台風)により、死者3人、負傷者116人、全壊219戸、半壊370戸、流失2戸、床上浸水121戸、床... 続きを読む

昭和29年の洞爺丸台風

昭和29年(1954)9月26日、台風15号(洞爺丸台風)により、死者3人、負傷者116人、全壊219戸、半壊370戸、流失2戸、床上浸水121戸、床... 続きを読む

昭和29年の洞爺丸台風

昭和29年(1954)9月26日、洞爺丸台風が四国及び北海道に大きな被害を与えた。函館港で連絡船その他を沈没、大惨事。(「徳島県災異誌」による) 続きを読む

昭和29年の洞爺丸台風

昭和29年(1954)9月26日、台風15号により、強風と高潮による被害が重なり、近来稀にみる大災害となった。青函連絡船・洞爺丸が沈没した。 続きを読む

昭和29年の洞爺丸台風

昭和29年(1954)9月26日2時頃、台風が鹿児島県大隅半島に上陸、急速度で北東進を続け、函館港で連絡船洞爺丸が沈没した。本県では2時から7時頃に暴... 続きを読む