慶長9年の地震

災害年月日
1605年02月03日
市町村
徳島県海陽町(宍喰町)
災害種類
地震・津波  
概要
慶長9年(1604)12月16日、大地震、津波。四国の太平洋岸では特に津波の被害が大きく、土佐と宍喰で死者3,800人に及んだ。(「徳島県災異誌」、「徳島県史」、「徳島県史料年表」、「吉野川」、「松島町史」等による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
上板町史編纂委員会編「上板町史 下巻」(上板町、1985年)、644頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地震 津波 宍喰 死者
NO.
徳島523

よく似た災害

安政4年の地震

安政4年(1857)11月4日午後4時頃、大地震があり、余震が数日間に及んだ。被害状況などは不詳。(「徳島県災異誌」、「徳島県史」、「徳島県史料年表」... 続きを読む

安政2年の地震

安政2年(1855)1月14日、地震。被害状況などは不詳。(「徳島県災異誌」、「徳島県史」、「徳島県史料年表」、「吉野川」、「松島町史」等による) 続きを読む

昭和39年の台風20号

昭和39年(1964)9月25日、台風20号により、河川洪水。徳島県内の被害は死者5人、家屋全壊30戸、田冠水1,410ha、畑冠水1,218haに及... 続きを読む

昭和10年の台風

昭和10年(1935)8月28日、台風により、吉野川氾濫。県下の被害は死者2人、行方不明3人、家屋全壊16戸、半壊29戸に及んだ。(「徳島県災異誌」、... 続きを読む

昭和18年9月の台風

昭和18年(1943)9月20日、台風により、本県の被害は田畑冠水1,400町歩に及んだ。(「徳島県災異誌」、「徳島県史」、「徳島県史料年表」、「吉野... 続きを読む