明治25年の台風

災害年月日
1892年07月23日
市町村
徳島県阿波市(土成町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
明治25年(1892)7月23日から25日にかけて、台風が室戸岬に上陸した。徳島ではそれほど強力ではなかったが、山腹の崩壊、家屋の倒壊、橋梁の流失、人畜の死傷など、空前の被害を出し、農作物も前年の60~70%程度しか収穫されない所が多かった。御所村でも多数の家屋が破損し、関義臣県知事より小屋掛料・食料費として、32人に対して総額154円余が給与された。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
土成町史編纂委員会編「土成町史 上巻」(土成町史編纂室、1975年)、397頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 山腹の崩壊 死者 御所村 小屋掛料
NO.
徳島535

よく似た災害

明治32年の洪水

明治32年(1899)9月8日午後2時頃、吉野川の増水で脇町の堤防35mが破損した。この時の豪雨で、曽江山でも堤防360mが損壊、拝原の道路30mが破... 続きを読む

明治38年の地震

明治38年(1905)6月2日午後2時40分頃、烈震あり、粗造の家屋は倒壊し、松山紡績会社の煙突が破損した。(「松山叢談」による) 続きを読む

寛延2年の地震

image

寛延2年(1749)4月10日、M7.0の大地震により、宇和島城楼が破損し、ほかの被害も多かった。 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、室戸台風が来襲し、多くの家屋が倒壊し死者も多数出た。 続きを読む

明治29年の大雨

明治29年(1896)9月4日に低気圧が日本海を通過した後、前線が四国沖に停滞して大雨となり、4日から11日までの8日間の雨量は760ミリとなった。こ... 続きを読む