安政元年の地震

災害年月日
1854年12月23日
市町村
徳島県美波町(由岐町)
災害種類
地震・津波  
概要
嘉永7年(1854)11月4日朝5ツ時に大地震があり、木岐では人々は大汐が来ることを用心して夜を明かした。翌5日夕7ツ時(午後4時)に大地震が起こり、間もなく高さ3丈余の津波が襲来した。三岐田木岐の元日堂記録によると、津波は八幡神社の上の石段の下より3つ目まで達し、延命寺の石段はおよそ8歩浸水した。また、三岐田町の濱名家記録によると、津波の高さは2丈余で、浦の全戸数220戸のうち残った戸数は20戸に過ぎず、延命寺、眞福寺は無事であったが、髙波は大師庵に至り、死者10人などの被害が出た。
Googleマップ
備考
津波は八幡神社の上の石段の下より3つ目まで達し、延命寺の石段はおよそ8歩浸水した。
参考画像

原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
海部郡誌刊行会編「海部郡誌」(海部郡誌刊行会、1927年)、26頁及び29-32頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
安政地震 津波 元日堂記録 濱名家記録 死者
NO.
徳島541

よく似た災害

安政元年の南海地震

image

嘉永7年(1854)11月5日、大地震が起こった。「甲寅大地震御手許日記」によると、津波が総曲輪の八反の大堤を押通って1丈の高さで水田内に入り、兜ばな... 続きを読む

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月4日、5日に大地震が発生し、5日夕方には阿部浦を大津波が襲った。阿部の持福寺の過去帳には、津波で海士(鮑海士)1人が亡くなっ... 続きを読む

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月4日~5日、大地震が起こった。阿波国には安政大地震に関する旧記録は少ないが、野田定五郎氏の記録によると、11月4日四ツ時、大... 続きを読む

安政元年の地震

image

嘉永7年(1854)11月4日昼4ツ時(10時)地震が起こり、夜5ツ時(8時)頃から夜明けまでに3、4度地震が続いた。翌5日は昼8ツ時(午後2時)頃に... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日7ツ時より5日まで大地震となり、その後10日ほど揺れた。土地は割れ、家は倒れ、人は居所なく、徳島内町は大火となった。(西... 続きを読む