昭和14年の干ばつ

災害年月日
1939年05月00日
市町村
徳島県吉野川市(川島町)
災害種類
渇水  
概要
昭和14年(1939)5月から7月にかけて、雨がなし。岡山山田地区ではため池に水がないので、作付を耕作反別の半分に制限すべしとの声もあったが、無理をして作付だけは全部終了した。しかし、その後の養い水が不足し、8月には水稲は枯れ、ほとんど全滅に近い旱害を受けた。大正池の底に残っている水を競争入札により競売するということも行われた。落札した人の田んぼにはある程度の収穫があったが、その他の者は収穫皆無となった。(篠原雅一氏の日記による)
Googleマップ
参考文献
篠原雅一著「川島の百年懐古録」(篠原雅一、1968年)、68-69頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 大正池 池の水の競争入札
NO.
徳島559

よく似た災害

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)5月13日から7月12日まで61日間日照りが続き、13日には小雨が降ったものの、その後9月1日まで雨がなかった。県内の水稲作付面積... 続きを読む

昭和14年の干ばつ

image

昭和14年(1939)の年間雨量は698.3ミリ(平年1,200ミリ)で、多度津測候所開設以来、明治27年(1894)に次ぐ大干ばつであった。各所で新... 続きを読む

寛永3年の干ばつ・洪水

寛永3年(1626)4月より干ばつであったが、8月に洪水があった。 続きを読む

昭和14年の干ばつ

昭和14年(1939)4月から6月にかけて降雨があったのは9日で、麦作でさえも干害を受けた。田植えはやっとしたものの差し水はなく、7月4日と8月13日... 続きを読む

昭和14年の干ばつ

昭和14年(1939)、植え付けは完了したが、その後の旱天続きで、出穂前の水がなく、全然実の入らない田が多かった。 続きを読む