昭和31年の干ばつ・台風9号

災害年月日
1956年00月00日
市町村
徳島県吉野川市(川島町)
災害種類
風水害  渇水  
概要
昭和31年(1956)、旱害が強く、天水田の水稲は葉が萎縮して、一般の農作物も枯死寸前となり、消防ポンプで給水するなど異例の措置をとった。8月16日、台風9号により風雨があったが、旱害水田では出穂しても白穂で結実しなかった。(篠原雅一氏の日記による)
Googleマップ
参考文献
篠原雅一著「川島の百年懐古録」(篠原雅一、1968年)、73頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 消防ポンプ給水 台風 白穂
NO.
徳島560

よく似た災害

昭和15年9月の台風

昭和15年(1940)9月11日早朝、台風が九州に上陸し、中国を横断して伊豆沖に出る異常経路をとった。徳島県では10日早朝から降雨が始まり、11日まで... 続きを読む

昭和15年9月の台風

昭和15年(1940)9月11日早朝、台風が九州に上陸し、中国を横断して伊豆沖に出る異常経路をとった。徳島県では10日早朝から降雨が始まり、11日まで... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)春から雨らしい雨が降らず、田は2割2分5厘の歩植えをして雨を待ったが、7月半ばが来ても一滴の雨もなかった。歩植えの田を寄せ水と池水... 続きを読む

明治16年の干ばつ

明治16年(1883)旧5月26日に降雨があってから8月11日まで74日間雨がなかった。麻植郡山分では旱害のため、餓死にせまる惨状で、県は有志の恤救の... 続きを読む

大正3年の干ばつ

大正3年(1914)7月中旬から、干天となった。時々降雨があったので、大きな旱害にはならなかった。/8月3日~5日、雨乞い。(「井内谷村史」による) 続きを読む