大正2年の干害

災害年月日
1913年06月21日
市町村
徳島県石井町
災害種類
渇水  
概要
大正2年(1913)6月21日から8月21日までの約60日間、ほとんど降雨がなかった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
浦庄村史編纂委員会編「浦庄村史」(浦庄村史出版委員会、1965年)、362頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ
NO.
徳島561

よく似た災害

大正10年の干ばつ

大正10年(1921)5月から7月までの約60日間、降雨がなく、日照り続きであった。稲の植え付けは済ませたものの、その後に雨がなかったため、あちらこち... 続きを読む

明治6年の干ばつ

明治6年(1873)1月~5月頃まで、ほとんど降雨なし。 続きを読む

万延元年の長雨

万延元年(1860)正月より4月5日まで、ほとんど降雨が続き、麦不作。 続きを読む

万延元年の長雨

万延元年(1860)正月より4月5日まで、ほとんど降雨が続き、麦不作。(「新居郡誌」による) 続きを読む

万延元年の長雨

万延元年(1860)正月より4月5日まで、ほとんど降雨が続き、麦不作。(「新居郡誌」による) 続きを読む