明治17年の桑地森の崩壊

災害年月日
1884年07月18日
市町村
徳島県美馬市(脇町)
災害種類
土砂災害  
概要
明治17年(1884)7月18日午前7時頃、東俣名の桑地森の山頂付近から幅約17m、高さ約100mにわたって崩れ落ち、下にあった民家7、8戸が押しつぶされた。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
脇町史編集委員会編「脇町史 下巻」(脇町、2005年)、671頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
桑地森 山崩れ
NO.
徳島565

よく似た災害

大正元年の山崩れ

大正元年(1912)8月21日、暴風雨の夜半、冨士権現下の山麓が高さ10m、幅10mにわたって崩壊し、住家3軒が土砂に押しつぶされた。村民総出で埋没物... 続きを読む

昭和47年の比島山の崩壊

image

昭和47年(1972)9月15日、豪雨により比島山が崩壊し、住家8棟が押しつぶされた上、火を出して10人が死亡した。(写真1枚) 続きを読む

平成10年4月の土砂災害

平成10年(1998)4月16日、国道439号の大平(東豊永小学校前)で高さ約60m、幅約50mにわたって崩壊した。土砂は道路を完全にふさぎ、道路下の... 続きを読む

明治18年の茶園岳の崩壊

image

明治18年(1885)7月1日、降り続いた雨により、標高342.1mの茶園岳の西南斜面が、高さ約300mのところから曽江谷川に崩れ落ちた。崩れ落ちた土... 続きを読む

昭和49年の台風14号

昭和49年(1974)8月18日、台風14号の髙波により、久枝海岸波堤が30mにわたって崩れた。 続きを読む