明治26年の干ばつ

災害年月日
1893年06月24日
市町村
徳島県美馬市(脇町)
災害種類
渇水  
概要
明治26年(1893)6月24日から8月15日までに降った雨はわずか10ミリ程度という干ばつで、農作物は大干害を受け、飲み水も不足し、吉野川から運んで生活したという。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
脇町史編集委員会編「脇町史 下巻」(脇町、2005年)、680頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ
NO.
徳島569

よく似た災害

昭和37年の干ばつ

昭和37年(1962)7月、8月、近年まれな高温少雨のため、農作物は被害を受けた。 続きを読む

昭和14年の干ばつ

昭和14年(1939)6月から9月まで、雨が降らず、日照りが続いて井戸水も出なくなり、飲料水にも困った。池・川の水も取り尽くし、土びんで稲に水をかけた... 続きを読む

寛政3年の風雨

寛政3年(1791)7月、8月に大雨風があり、農作物に被害があった。前年は大干ばつで農作物の被害が甚大で、翌年も大干ばつと洪水が重なり、3年連続の被害... 続きを読む

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)夏、30日以上も雨が降らず、日照りが続いた。夏季の雨量は3分(約9ミリ)で、飲み水にも困る状況であった。 続きを読む

昭和42年の干ばつ

昭和42年(1967)7月28日~10月26日、干ばつにより、農作物の被害だけでなく、飲料水も不足する状態になった。 続きを読む