大正15年の干ばつ

災害年月日
1926年07月00日
市町村
徳島県美馬市(脇町)
災害種類
渇水  
概要
大正15年(1926)7月初めに大雨があった後、8月は干天続きで稲作に被害が出て、この年の反収は1石6斗9升だった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
脇町史編集委員会編「脇町史 下巻」(脇町、2005年)、681頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ
NO.
徳島572

よく似た災害

大正2年の干ばつ

大正2年(1913)6月、梅雨期に入っても雨は少なく、7月も乾天の日が多く続き、小松島では月雨量が2ミリに過ぎず、徳島の15.7ミリも7月としては第2... 続きを読む

大正2年の干ばつ

大正2年(1913)6月、梅雨期に入っても雨は少なく、7月も乾天の日が多く続き、小松島では月雨量が2ミリに過ぎず、徳島の15.7ミリも7月としては第2... 続きを読む

大正2年の干ばつ

大正2年(1913)7月4日から8月18日まで35日間降雨なく、日射猛烈で稲作、甘藷に害が多かった。 続きを読む

大正12年の干ばつ

大正12年(1923)8月、干天が30余日となり、稲作にかなりの被害を与えた。 続きを読む

大正3年の干ばつ

大正3年(1914)7月13日から8月23日まで40日間降雨なく、日射強く稲作、甘藷ともに被害大であった。 続きを読む