昭和9年の干ばつ

災害年月日
1934年06月25日
市町村
徳島県美馬市(脇町)
災害種類
渇水  
概要
昭和9年(1934)6月25日から7月11日まで雨がなく、8月に入っても雨は少なく、水田には亀裂が入り、井戸水も枯れた。住民は毎夜、空き地に薪を積んでたき火をし、雨乞いをした。8月29日には岩倉で給水順をめぐって水争いがあり、相手を殴り3日間のけがをさせた事件も起きた。9月8日の暴風雨で水不足は解消した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
脇町史編集委員会編「脇町史 下巻」(脇町、2005年)、681-682頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 雨乞い 岩倉 水争い
NO.
徳島574

よく似た災害

明治45年の水争い

明治45年(1912)6月末、釜カ渕下の横井をめぐって、春日地区と塩入地区の人々が水争いをした。 続きを読む

明治5年の水争い

明治5年(1872)、金川村と三角寺村の間に水争いがあった。谷水が等分に流れるように置いていた分水石を切って流量を変えたため、水争いが起こった。(「惣... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)6月末より1ヶ月以上降雨なく、各地で連日雨乞い祈祷が行われ、水争いが起こった。(「近藤林内日記」、「学校日誌」による) 続きを読む

延宝2年の水争い

延宝2年(1674)、妻鳥村民と上分村民の間に水争いがあり、流血の惨事となった。(「上分史」による) 続きを読む

天明2年の干ばつ

image

天明2年(1782)、大旱。芦脇井堰をめぐって、香東川の東岸(川東)と西岸(川西)との間で水論があった。(「讃岐国大日記」による) 続きを読む