昭和48年の干ばつ

災害年月日
1973年07月00日
市町村
徳島県美馬市(脇町)
災害種類
渇水  
概要
昭和48年(1973)、空梅雨のまま7月11日梅雨明けとなり、その後も雨が降らず、農作物に相当の被害が出た。8月14日から16日の台風10号の影響で雨となり、旱害は解消された。 この頃、高松市では飲料水も不足していたので、脇町上水道の水8トンを8月13日に救援水として送った。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
脇町史編集委員会編「脇町史 下巻」(脇町、2005年)、683頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 救援水
NO.
徳島579

よく似た災害

嘉永6年の干ばつ

嘉永6年(1853)、大干ばつのため、小豆島の被害大。小江村では飲料水に不足し、西大寺より求めた。 続きを読む

昭和42年の干ばつ

昭和42年(1967)7月28日~10月26日、干ばつにより、農作物の被害だけでなく、飲料水も不足する状態になった。 続きを読む

昭和42年の干ばつ

昭和42年(1967)7月28日~10月26日、干ばつにより、農作物の被害だけでなく、飲料水も不足する状態になった。 続きを読む

昭和2年の干ばつ

昭和2年(1927)6月は空梅雨で、猪尻の40町歩は田植えができず、飲料水も不足した。7月中頃からまた旱害が出始め、脇町公設消防組は、ガソリンポンプの... 続きを読む

嘉永3年の台風

嘉永3年(1850)、大風、洪水。(高松藩の災害記録)/小豆島の被害大。小江村では飲料水が不足し、西大寺より求めた。 続きを読む