昭和49年の地すべり

災害年月日
1974年10月00日
市町村
徳島県美馬市(脇町)
災害種類
土砂災害  
概要
昭和49年(1974)10月頃から長入の住宅軒下から下の畑にかけて、長さ100m、幅数cmの亀裂ができた。愛媛大学の中村忠春教授の調査の結果、井口谷川支流長入谷の右岸が長さ50mにわたって浸食され、先端崩壊により民家6戸と80haが地滑すべりを起こしていることが分かった。町などが協議して、地すべり対策を実施した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
脇町史編集委員会編「脇町史 下巻」(脇町、2005年)、689-690頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地すべり 長入
NO.
徳島582

よく似た災害

昭和43年の地すべり

昭和43年(1968)7月2日、嘉喜尾の住宅裏の畑10aが地すべり、消防団出動。 続きを読む

昭和50年の地すべり

昭和50年(1975)6月、横倉の水田8aに幅20cm、長さ60mの亀裂ができた。この付近は昭和30年(1955)2月に地すべり地に指定されていたとこ... 続きを読む

昭和29年の善徳の地すべり

image

昭和29年(1954)、西祖谷山村善徳で県道剣山公園~上名線200mにわたり崩壊が発生した。(「善徳地すべり」等による) 続きを読む

昭和43年の地すべり

昭和43年(1968)7月7日、中之瀬で長者川対岸幅100mが地すべりし、長者川をせき止めた。 続きを読む

昭和57年の地すべり

昭和57年(1982)10月5日、国道194号寒風山道路の工事用道路で大規模地すべりが発生した。幅100m、長さ200m、推定崩土量10万立米。 続きを読む