明治15年の山崩れ

災害年月日
1882年00月00日
市町村
徳島県つるぎ町(半田町)
災害種類
土砂災害  
概要
明治15年(1882)、大雨により半田村と半田口山村の堺付近に大亀裂が生じて、崩壊し始めた。篠つく雨の中で神宮寺の鐘が鳴った。村内非常召集の鐘であった。
Googleマップ
備考
神宮寺の鐘が村内に非常招集を知らせた。
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
半田町誌出版委員会編「半田町誌 上巻」(半田町、1985年)、256-257頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
山崩れ 神宮寺
NO.
徳島590

よく似た災害

明治21年の山崩れ

image

明治21年(1888)、神宮寺からの山水が地層にしみ込んで大亀裂を始めた。神宮寺の半鐘が鳴って、大勢が集合して防御工事をしたため、大事には至らなかった... 続きを読む

寛文6年の山崩れ

寛文6年(1666)、大雨による山崩れで、神宮寺所有の蓮池、向屋敷、屋敷5畝が永荒となった。 続きを読む

寛永3年の山崩れ

寛永3年(1626)、大雨による山崩れで、神宮寺所有の向屋敷、はら、城の下1反2畝が永荒となった。 続きを読む

明治28年の台風

明治28年(1895)8月22日、台風により木之内の神宮寺山麓、半田川岸が大崩壊、道路不通。(「徳島県史」による) 続きを読む

安政4年の山崩れ

安政4年(1857)、20日近く雨天が続いた後、7月1日に大雨が降り、所谷の南上の山が崩れて山潮が吹いた。戸櫃の高さ(約1m)まで濁流が来たことを示す... 続きを読む