天保10年の山崩れ

災害年月日
1839年08月24日
市町村
徳島県つるぎ町(半田町)
災害種類
土砂災害  
概要
天保10年(1839)8月17日、山崩れにより坂根の家が潰れ、子ども2人死亡。(「兵助日記」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
半田町誌出版委員会編「半田町誌 上巻」(半田町、1985年)、1064頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
山崩れ 坂根 死者 兵助日記
NO.
徳島594

よく似た災害

文化6年の雷雨

文化6年(1809)7月7日、雷雨により小野で1人死亡。(「兵助日記」による) 続きを読む

天保5年の洪水

天保5年(1834)8月、大洪水。(「兵助日記」による) 続きを読む

天保6年の洪水

天保6年(1835)7月、洪水。(「兵助日記」による) 続きを読む

天明6年8月1日の洪水・山崩れ

天明6年(1786)8月1日~2日、津島方で洪水、下灘浦で山崩れ5人死亡、遊子谷村(城川町)で男1人流死(宇和島領)。 続きを読む

天保11年の長雨

天保11年(1840)6月29日~7月1日、3日間雨天。(「兵助日記」による) 続きを読む