明治43年の洪水

災害年月日
1910年09月20日
市町村
徳島県三好市(山城町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
明治43年(1910)9月20日より22日夕方まで大雨、大洪水。山城谷村では数箇所崩壊し、川口では一家5人が埋没して死亡し、2戸が流失した。また、相川名でも1戸宅地が崩壊し、家屋が流失した。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
近藤辰郎編「山城谷村史」(山城町、1959年)、48頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 洪水 土砂崩れ 死者
NO.
徳島818

よく似た災害

明治43年の洪水

明治43年(1910)9月20日より22日夕方まで大雨のため、吉野川をはじめ諸川で大洪水。山城谷村では数箇所崩壊し、川口では一家5人が土砂に埋もれて死... 続きを読む

明治25年7月の洪水・土砂災害

image

明治25年(1892)7月23日、暴風、海嘯、洪水で死者311人、不詳89人、家屋全壊2,635戸、流失644戸、半壊2,559戸、潮入36,242反... 続きを読む

大正10年の洪水

大正10年(1921)、横ガイキの水刎が流失し、畑約3反歩が埋没した。(「田野村誌」等による) 続きを読む

昭和18年の台風

昭和18年(1943)7月21日~24日、台風により、三瓶町では垣生字ステンクボ中腹で約2町歩にわたる山崩れがあり、配水作業中に2人が埋没し、10日後... 続きを読む

明治15年の肥土山の地すべり

明治15年(1882)8月15日午後3時、肥土山向の上の田畑と宅地約10haが崩壊し、家屋2戸が埋没した。平見地方の人家は、後難を恐れて土井の内や松の... 続きを読む