明治25年の台風

災害年月日
1892年07月23日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  土砂災害  高潮  
概要
明治25年(1892)7月23日朝、台風が高知市付近に上陸して山陰に抜けた。徳島県は暴風雨、洪水、高潮の大災害に見舞われ、その上山岳の崩壊も数知れなかった。県下の被害は8月2日現在で死者311人、負傷者89人、家屋の全壊2,635戸、流失644戸、半壊2,559戸、潮入36,242戸、船舶478艘、堤防決壊57km、海水浸水6,799町、雨水浸水19,653町等に及んだ。山岳崩壊では、保瀬の大崩壊が25日10時頃起こり死者47人を出し、高磯山の崩壊が25日11時に起こり対岸の集落の15戸65人を埋没させるなどした。
地理院地図
Googleマップ
備考
保瀬の崩壊及び高磯山の崩壊については、それぞれ記念碑が建立されている。
参考画像
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、1997年)、36-38頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 洪水 高潮 山崩れ 死者
NO.
徳島898

よく似た災害

明治25年の台風

image

明治25年(1892)7月23日朝、台風が高知市付近に上陸して山陰に抜けた。徳島県は暴風雨、洪水、高潮の大災害に見舞われ、その上山岳の崩壊も数知れなか... 続きを読む

昭和50年の台風6号

image

昭和50年(1975)8月22日から23日未明に、台風6号が襲来した。川井地域、三ツ木地域で山腹崩壊が起こり、民家や道路が流失し、生き埋めとなった人を... 続きを読む

明治25年の保瀬の崩壊

image

明治25年(1892)7月、豪雨により、海南町保瀬で大崩壊が起こり、47人の犠牲者を出した。この時も、高磯山の崩壊と同様に、崩壊した土砂が河谷を埋めて... 続きを読む

明治25年の葛又山崩壊

明治25年(1892)7月、豪雨により、上勝町田野々の葛又山で大崩壊が起こり、16人の犠牲者を出した。この時も、高磯山の崩壊と同様に、崩壊した土砂が河... 続きを読む

明治25年の保瀬の崩壊

image

明治25年(1892)7月25日午前10時頃、川上村大字平井の保瀬の右岸山上が大崩壊した。山の土砂が海部川を堰き止め、洪水は逆流し、寒ヶ瀬一帯は濁流に... 続きを読む