昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
徳島県
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日早朝、潮岬南南西約50kmでM8.0の大地震が起こった。中部地方以西に大きな被害をもたらし、死者1,300人余り、全壊家屋は11,500戸以上に達した。震央が海底であったため、静岡県以西に津波が押し寄せ、大きな被害が出た。津波は三重、徳島、高知で4~6mに達したと言われている。徳島県東海岸に津波が押し寄せるまで10分から30分かかり、30分くらいの間隔で4~5回津波が押し寄せたと言われ、最も大きかったのは第三波だったという記録が残っている。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
奥村清ほか著「徳島 自然の歴史」(コロナ社、1998年)、158-159頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
昭和南海地震 津波 死者
NO.
徳島1156

よく似た災害

安政元年の南海地震

image

嘉永7年(1854)11月5日午後4時過ぎ、大激震が起こり、ついで大津波が押し寄せた。入野の加茂八幡宮の境内にある「安政津浪の碑」によると、地震により... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日4時19分頃、M8.0の地震が発生した。阿南市橘町では、地震後約30分で津波の第一波が押し寄せ、その約20分後に津波... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、M8.4の大地震が起こった。県内の死者1,844人、津波等で流出した家が11,170軒、潰れた家4,869軒と伝えられ... 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日夜、大地震が起こり、夜半に津波が押し寄せた。安芸郡を中心に東部海岸の被害が特にひどかったと言われている。(谷秦山らの筆... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、和歌山県潮岬の沖合の海底を震源とするM8.0の大地震が発生し、高知県沿岸には4~6mの津波が押し寄せて大きな被害と... 続きを読む