慶長9年の地震

災害年月日
1605年00月00日
市町村
徳島県海陽町(海部町)
災害種類
地震・津波  
概要
慶長9年(1604)の地震により、鞆浦で波高10丈(約30m)の津波があったという記録が残っている。
地理院地図
Googleマップ
備考
鞆浦に大岩慶長宝永碑がある。
なお、地震が発生したのは慶長9年(1604)12月16日であり、西暦(グレゴリオ暦)では1605年2月3日である。
参考画像

参考文献
寺戸恒夫/編著「徳島の地理ー地域からのメッセージー」(徳島地理学会、1995年)、22頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
慶長地震 津波 鞆浦
NO.
徳島1164

よく似た災害

慶長元年の地震

慶長元年(1596)、地震が発生し、畿内地方で被害が大きく大阪城の石垣の一部が崩れたという記録があるが、讃岐には明確な記録が残っていないので分からない... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)、南海地震により、高知市では堤防が切れたこともあり、市街地が浸水し12日間も冠水したままであったという記録が残っている。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)、南海地震により、高知市では堤防が切れたこともあり、市街地が浸水し12日間も冠水したままであったという記録が残っている。 続きを読む

康安元年/正平16年の地震

image

康安元年/正平16年(1361)、地震による津波が大阪、高知、徳島の各沿岸に大きな被害を与えた。徳島県由岐では1,700戸の家屋の流失が太平記に記され... 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、大地震。県内では室戸岬や甲浦などで、津波で800余人死亡の記録が残っている。 続きを読む