昭和43年の台風7号

災害年月日
1968年08月16日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和43年(1968)8月16日~17日、台風7号は夏台風特有の迷走ぶりを発揮し、山崩れ3箇所の被害を出した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
徳島県編「徳島県災異誌(続編)」(徳島県、1981年)、38-39頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 山崩れ
NO.
徳島1333

よく似た災害

昭和43年の台風7号

昭和43年(1968)8月16日~17日、台風7号は夏台風特有の迷走ぶりを発揮し、山崩れ3箇所の被害を出した。 続きを読む

昭和40年の台風23号

昭和40年(1965)9月10日8時過ぎに安芸市に上陸した台風23号は、12時過ぎには若狭湾を通過したが、暴風雨時間が短いにもかかわらず、大きな被害を... 続きを読む

昭和46年の台風23号

image

昭和46年(1971)8月31日、台風23号が289ミリの集中豪雨を降らせ、草壁地区小坪で山崩れによる土石流が発生し、死者1人、家屋倒壊1戸、河川決壊... 続きを読む

昭和46年の台風19号

昭和46年(1971)8月4日~5日、台風19号が長崎県島原半島に上陸、北上して日本海に抜けた。速度が遅いため、かなりの被害を発生した。川島町の被害は... 続きを読む

昭和31年の台風15号

昭和31年(1956)9月25日~27日、台風15号により、県下全域で豪雨となり、南予地方に被害を出した。被害は家屋の床下浸水4戸、田の冠水26ha、... 続きを読む