昭和45年の台風2号

災害年月日
1970年07月05日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和45年(1970)7月5日18時30分頃、台風2号が紀伊半島に上陸し、北西に向きを変え、大阪湾を経て日本海に入り西進した。総降水量は東部山間部で多く、鬼籠野250ミリ、剣山244ミリで、日降水量は鬼籠野191ミリ、剣山165ミリ、穴吹111ミリであった。被害は床下浸水15戸、田冠水2ha、堤防決壊1箇所、道路損壊4箇所、山崩れ10箇所に及んだ。(県警調べ)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
徳島県編「徳島県災異誌(続編)」(徳島県、1981年)、51頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 堤防決壊 山崩れ
NO.
徳島1341

よく似た災害

昭和45年の台風2号

昭和45年(1970)7月5日18時30分頃、台風2号が紀伊半島に上陸し、北西に向きを変え、大阪湾を経て日本海に入り西進した。総降水量は東部山間部で多... 続きを読む

昭和44年6月29日の大雨

昭和44年(1969)6月29日~7月2日、梅雨前線の活動が活発になり、大雨となった。29日の日降水量は剣山150ミリ、1日の日降水量は京上170ミリ... 続きを読む

昭和44年6月29日の大雨

昭和44年(1969)6月29日~7月2日、梅雨前線の活動が活発になり、大雨となった。29日の日降水量は剣山150ミリ、1日の日降水量は京上170ミリ... 続きを読む

昭和47年の台風20号

昭和47年(1972)9月16日18時半頃、台風20号が紀伊半島に上陸し、富山港に抜けた。徳島の最大瞬間風速は西北西31.6m/秒であった。総降水量は... 続きを読む

昭和47年の台風20号

昭和47年(1972)9月16日18時半頃、台風20号が紀伊半島に上陸し、富山港に抜けた。徳島の最大瞬間風速は西北西31.6m/秒であった。総降水量は... 続きを読む