昭和51年の台風17号

災害年月日
1976年09月11日
市町村
徳島県那賀町(木頭村)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和51年(1976)9月11日、台風17号により、那賀川上流では未曾有の大豪雨となり、木頭村日早では連続降雨量2,576ミリを記録した。山は至る所で崩壊し、中でも那賀川支川の久井谷の新九郎山(1,635m)の東斜面が崩土量250万立米という大規模崩壊となった。また、高ノ瀬の平集落では6人が生き埋めとなる惨事が起こった。
地理院地図
Googleマップ
備考
平地区には慰霊碑が建立されている。
参考画像
参考文献
建設省四国地方建設局細川内ダム工事事務所編「ぐらふ那賀川」(建設省四国地方建設局細川内ダム工事事務所、1995年)、7頁及び53頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
台風 大雨 久井谷の崩壊 平 死者
NO.
徳島1413

よく似た災害

明治25年の高磯山崩壊

image

明治25年(1892)7月25日の豪雨時に、上那賀町の高磯山が崩壊し(崩壊土量400万立米)、2日後に天然ダム(湛水量7,500万立米)が決壊。 続きを読む

宝永4年の地震による加奈木崩れ

image

宝永4年(1707)10月4日の南海地震により、室戸市の佐喜浜川の最上流部で加奈木崩れが発生した。崩壊地面積47ha、崩壊地標高1,040~570m、... 続きを読む

明治25年の保瀬の崩壊

明治25年(1892)7月25日の豪雨時に、保瀬で崩壊が発生し(崩壊土量200万立米)、天然ダム(湛水量1,400万立米)が形成され29時間後に決壊し... 続きを読む

昭和51年の台風17号

image

昭和51年(1976)9月11日、台風による豪雨のため、木頭村久井谷の新九郎山(標高1,635m)が崩壊し、平では土石流により6人が生き埋めになる惨事... 続きを読む

昭和57年の地すべり

昭和57年(1982)10月5日、国道194号寒風山道路の工事用道路で大規模地すべりが発生した。幅100m、長さ200m、推定崩土量10万立米。 続きを読む