昭和50年の台風6号

災害年月日
1975年08月23日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和50年(1975)8月23日午前1時頃、台風6号が徳島県東岸を通過し、淡路島を穂北東方向に進んだ。この台風により、剣山から雲早山(くもそうやま)にかけての四国山地沿いでは20日~23日に800ミリ前後の降雨があった。このため、木頭村から脇町にかけて土石流や崩壊が頻発し、一宇村と木屋平村を中心に16人の死者、23人を超える負傷者があった。斜面災害は穴吹川流域を中心に多く発生した。
地理院地図
Googleマップ
備考
木屋平村川井には昭和50年の台風6号に関する殉職の碑が建立されている。
参考画像
参考文献
日本工営編「四国山地の土砂災害」(国土交通省四国地方整備局四国山地砂防事務所、2004年)、38頁及び53頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 土石流 死者 一宇村 木屋平村
NO.
徳島1543

よく似た災害

昭和51年の台風17号

image

昭和51年(1976)9月9日~13日、台風17号による降雨のため、穴吹川流域を中心に多くの斜面災害が発生した。また、降雨は剣山の周辺部に多く、南麓の... 続きを読む

平成25年4月の大雨

平成25年(2013)4月6日から7日にかけて2つの低気圧が日本海と本州南岸を発達しながら北東進したため、6日から8日にかけて九州から北海道にかけての... 続きを読む

平成11年7月の豪雨

平成11年(1999)7月26日から27日にかけて台風5号が沖縄から九州の西海上を朝鮮半島に向けて北上し、28日に熱帯低気圧となったが、29日まで停滞... 続きを読む

平成16年の台風15号

平成16年(2004)8月17日から18日にかけて、台風15号により、愛媛県東部、香川県西部を中心に集中豪雨による土石流災害が発生し、四国の死者・行方... 続きを読む

平成16年の台風15号

平成16年(2004)8月17日から18日にかけて、台風15号により、香川県西部、愛媛県東部を中心に集中豪雨による土石流災害が発生し、四国の死者・行方... 続きを読む