安政2年の洪水

災害年月日
1855年00月00日
市町村
愛媛県四国中央市(伊予三島市)
災害種類
風水害  
概要
安政2年(1855)、大暴風洪水により、郡内は凶作となった。困窮者があふれ、三島神社で救援囲米を用いてお救い粥の炊き出しを行い、餓死者が出ないように救助活動を行う。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
伊予三島市史編纂委員会編「伊予三島市史 上巻」(伊予三島市、1984年)、438頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 三島神社 お救い粥
NO.
愛媛2028

よく似た災害

安政2年の洪水

安政2年(1855)、大暴風洪水により、郡内は凶作となり、困窮者があふれた。三島神社境内にお救い小屋を設け、粥の炊き出しを行い、餓死者が出ないようにし... 続きを読む

安政4年の洪水

安政4年(1857)、洪水が起こった。三島神社にお救い小屋をつくり、お粥の炊き出しを行った。 続きを読む

昭和5年の大火

昭和5年(1930)12月22日正午頃、浜町から出火し、北西の強風にあおられて夕方までに52戸を全焼した。村では罹災者を佐賀小学校に収容し、炊き出しを... 続きを読む

安政4年の洪水

安政4年(1857)7月29日4ツ時から風が吹き出し大雨も降り出して、8月1日朝5ツ時分まで打ち続いた。八朔水と呼ばれる。(「三好郡誌」による) 続きを読む

昭和40年の水害

昭和40年(1965)9月18日、水田80ha冠水2日間、浸水の戸数26戸、被災人員125人、小舟2隻で炊き出し、米配給する。災害救助法発動、受給者多... 続きを読む