慶応2年の台風

災害年月日
1866年09月14日
市町村
愛媛県四国中央市(土居町)
災害種類
風水害  
概要
慶応2年(1866)8月6日、7日、暴風雨による大洪水で、特に東新地方の被害多し。(「新居郡誌」等による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
土居町教育委員会編「土居町誌」(土居町、1984年)、144頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 新居郡誌
NO.
愛媛2096

よく似た災害

慶応2年の洪水

慶応2年(1866)7月1日及び8月7日、洪水。(「宇和島御記録」による)/8月6日、7日、暴風雨、洪水、東新地方特に被害多し。(「新居郡誌」による)... 続きを読む

慶応2年8月7日の洪水

慶応2年(1866)8月7日、洪水。(「伊予風水害小史(宇和島覚書)」による)/8月6日、7日、暴風雨、大洪水、東新地方で被害殊に多し。(「新居郡誌」... 続きを読む

嘉永5年の干ばつ

嘉永5年(1852)、干ばつにより、東新地方の植え付け遅れる。(「新居郡誌」による) (註)傍証なく、軽度のものか。 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)8月28日~29日、暴風雨のため被害多し。別子銅山の死者512人、負傷者26人。(「新居郡誌」等による) 続きを読む

寛保3年の洪水

寛保3年(1743)、数回の洪水により東予地方の被害甚だし。(「新居郡誌」等による) 続きを読む