昭和36年の台風

災害年月日
1961年10月26日
市町村
愛媛県今治市
災害種類
風水害  
概要
昭和36年(1961)10月26日、台風により、午前10時頃には東北東の風8m、正午過ぎには海上で20~25mを記録した。3m余の高波により、築港内の輸入木材数百本の繋索が切れ、第三桟橋は渡橋が落ちて使用不能となり、天保山埋立地の工場群に被害が出た。水田の浸水、倒伏被害は1,175haで、野菜、果物など農作物の被害は2,471万円、土木被害は約270万円であった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
今治郷土史編さん委員会編「現代の今治 地誌 近・現代4」(今治市、1990年)、105頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 高波 天保山
NO.
愛媛2827

よく似た災害

大正元年の台風

大正元年(1912)8月9日、暴風雨のため、高松港桟橋、西浜東西突堤が破損し、下横町埋立地西突堤、浜ノ丁埋立地北沿岸防浪壁が決壊した。(「高松市事務報... 続きを読む

昭和28年1月の火災

昭和28年(1953)1月15日、片地村神母木の工場が全焼し、工場4棟、寄宿舎13棟、機械約100台焼失、損害約5,000万円。(高知新聞による) 続きを読む

昭和51年の台風11号・12号

昭和51年(1976)7月23日~25日、台風11号及び台風12号により、土木被害11億5,405万円余、農林被害4億3,414万円余、水産被害1億5... 続きを読む

昭和24年の火災

昭和24年(1949)1月16日午前9時30分、上灘町高岸の工場より出火し、西北の強風にあおられ、工場と付近の住家・非住家等6棟を全半焼して、午後零時... 続きを読む

昭和57年の台風19号

昭和57年(1982)9月24日、台風19号により、床下浸水1棟のほか、道路、河川、農林業施設及び農作物に被害が出た。被害額は1億6,400万円に達し... 続きを読む