享保17年の長雨

災害年月日
1732年06月00日
市町村
愛媛県松山市(北条市)
災害種類
その他(長雨)  
概要
享保17年(1732)5月から7月まで降り続いた雨により、冷夏となり、作物は根腐をおこしはじめ、ウンカの異常発生によって、稲は大半が枯死し、鯨油を散布したり、火を焚いて集まった虫を殺すなどの方法もほとんど効果がなく、飢人は藩庁から支給された粥で露命をつなごうとしたが、その量は少なく、領内各地で餓死する者が相次いだ。松山藩が幕府に報告した餓死者数は3,489人(「遠山日記」による)で、全国の餓死者数の34%弱に相当した。(「日本災異志」、「松前町誌」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
北条市誌編集委員会編「北条市誌」(北条市誌編纂会、1981年)、235-236頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
長雨 享保の飢饉 餓死者
NO.
愛媛3456

よく似た災害

享保17年の長雨

享保17年(1732)6月、長雨降り続き、各地の稲にうんか発生。この年松山で餓死者およそ3,489人、牛馬3,907匹。(「垂憲録拾遺」による) 続きを読む

享保17年の長雨

享保17年(1732)、長雨続きで、うんかが大発生して収穫がなく、米麦価が暴騰し、餓死者が出た。義農作兵衛が麦種を残して餓死した。領内の餓死者は3,5... 続きを読む

享保17年の長雨

享保17年(1732)6月、長雨降り続き、各地の稲にうんかが発生。「垂憲録拾遺」によると、この年の餓死者およそ3,489人、牛馬死3,907疋。9月に... 続きを読む

享保17年の長雨

享保17年(1732)5月20日から7月上旬まで雨降り止まず、次いでウンカが発生した。物価が騰貴し、飢饉となり、享保17年11月19日に藩が幕府出した... 続きを読む

享保17年の長雨

享保17年(1732)5月20日頃から7月上旬まで雨が降り続き、7月中旬には稲が枯れくさり、その上虫害が加わって餓死者を出すほどの重大事に立ち至った。... 続きを読む