明治35年の洪水

災害年月日
1902年08月11日
市町村
愛媛県東温市(重信町)
災害種類
風水害  
概要
明治35年(1902)8月11日、昨年決壊した横河原の土手が再び決壊し、大水が見奈良に入った。また、横河原駅の東も切れ、水は内分に入り、婦女子が狼狽した。昨年7月に損傷した堤防の復旧工事が不完全なため、この被害となった。水害に関係ない樋口、志津川に任せず、川下の直接被害を受けた村で修築するのが肝要である。(見奈良の「相原日記」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
重信町誌編纂委員会編「重信町誌」(重信町、1975年)、45頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
重信川 横河原 堤防決壊 相原日記
NO.
愛媛4054

よく似た災害

明治35年の洪水

明治35年(1902)8月11日、昨年決壊した横河原の土手が再び決壊し、大水が見奈良に入った。また、横河原駅の東も切れ、水は内分に入り、婦女子が狼狽し... 続きを読む

明治35年の洪水

明治35年(1902)8月11日、昨夜横川(横河原)の西堤防が決壊し、大水が見奈良に入った。また、ステーション(横河原駅)の東も切れ、水は内分に入り込... 続きを読む

明治19年の洪水

明治19年(1886)10月、北方(川内町)の堤防決壊し、惨状を呈した。このため、横河原は危機を脱した。(見奈良の「相原日記」による) 続きを読む

明治19年の洪水

明治19年(1886)10月、北方(川内町)の堤防決壊し、惨状を呈した。このため、横河原は危機を脱した。(見奈良の「相原日記」による) 続きを読む

明治34年7月の洪水

明治34年(1901)7月15日、前日来の雨降り止まず、再び過日決壊した横河原の西堤防より大水が入った。見奈良、田窪を襲い、鉄道を所々破壊した。この出... 続きを読む