明治35年の洪水

災害年月日
1902年08月10日
市町村
愛媛県東温市(川内町)
災害種類
風水害  
概要
明治35年(1902)8月10日、重信川が横河原付近で堤防決壊。
Googleマップ
参考文献
川内町新誌編纂委員会編「川内町新誌」(川内町、1992年)、63頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 重信川 横河原 堤防決壊
NO.
愛媛4164

よく似た災害

明治34年7月の洪水

明治34年(1901)7月14日、県下豪雨、重信川が横河原堤防が再決壊。 続きを読む

明治18年の洪水

明治18年(1885)7月1日、洪水のため、横川(重信町横河原)で堤防決壊。 続きを読む

明治19年の台風

明治19年(1886)9月10日、台風により、石手川が堤防決壊、死者10数人、石手村ほか4ヶ村浸水、重信川が川上村で堤防決壊、温泉郡内被害多数。(重信... 続きを読む

明治21年の台風

明治21年(1888)9月11日、暴風雨により、横河原・田窪の堤防決壊8箇所。石手川堤防決壊により死者10人、石手村ほか4ヶ村浸水。川上村で重信川堤防... 続きを読む

明治34年6月の洪水

明治34年(1901)6月30日、前日来の雨が止むことなく降り、夜になって重信川出水。横河原の西堤防決壊1町余に及び、天王社の東及び地蔵土手の外を南下... 続きを読む