享保17年の長雨

災害年月日
1732年06月00日
市町村
愛媛県伊予市(双海町)
災害種類
その他(長雨)  
概要
享保17年(1732)5月より雨が降り続き、9月になっても太陽を見ず、うんかが大発生し、農作物は実らなかった。住民は山野の青草を食べ、山の蔓の根まで食べた。しかし、一切の青物も食べ尽くされ、高野川村だけで男女170人が餓死した。上灘、高岸、大久保、串村の人々も同一と思われるが、正確な記録がない。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
双海町編「双海町誌」(双海町、1971年)、16頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
長雨 高野川村 死者
NO.
愛媛4534

よく似た災害

享保17年の長雨

享保17年(1732)5月より9月まで霖雨、淫雨といわれた長雨が続き、うんかが大発生したことにより、作物はまったく実らなかった。この年は江戸時代を通じ... 続きを読む

享保17年の長雨

享保17年(1732)5月下旬から6月にかけて霖雨が降り続き、田畑にウンカが発生した。このため、7月中旬には伊予郡の野良には一本の青草も見られなかった... 続きを読む

享保17年の長雨

享保17年(1732)5月20日頃から7月上旬まで雨が降り続き、7月中旬には稲が枯れくさり、その上虫害が加わって餓死者を出すほどの重大事に立ち至った。... 続きを読む

享保17年の長雨

享保17年(1732)5月20日頃から7月上旬まで雨が降り続き、7月中旬には稲が枯れくさり、その上虫害が加わって餓死者を出すほどの重大事に立ち至った。... 続きを読む

寛政4年の暴風

寛政4年(1792)、暴風、安田村だけでも40~50戸の家屋が倒壊した。 続きを読む