明治26年の台風

災害年月日
1893年10月15日
市町村
愛媛県大洲市(長浜町)
災害種類
風水害  
概要
明治26年(1893)10月15日、台風により、河水氾濫し、河のそばの畑は砂礫の荒野と化し、河に臨む民家10戸余の家の中には岩石が流れ込んだ。(「櫛生小沿革誌」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
長浜町誌編纂会編「長浜町誌」(長浜町誌編纂会、1975年)、28頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 櫛生村 櫛生小沿革誌
NO.
愛媛4563

よく似た災害

昭和20年10月の洪水

昭和20年(1945)10月10日、再度の出水のため、櫛生小学校の運動場の一部が流失し、大豆畑5畝、甘藷畑4畝が流れた。(「櫛生小沿革誌」による)堤防... 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

image

昭和20年(1945)9月18日、枕崎台風により、水深は白滝小学校の校門で46cm位、公民館前で9.856mに達した。(「白滝小沿革誌」による)大雨の... 続きを読む

昭和29年の台風12号

昭和29年(1954)9月13日、台風12号が来襲したため、櫛生小学校は休校となった。窓ガラス、屋根、瓦が多数破損した。(「櫛生小沿革誌」による) 続きを読む

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)、台風10号が襲来し、櫛生小学校ではガラス30枚、瓦150枚、温室の屋根を破損し、屋外拡声器1戸が吹き飛んだ。(「櫛生小沿革誌」... 続きを読む

明治29年の台風

明治29年(1896)8月18日、台風により、肱川は明治19年の大水に比べて約60cmの高水となった。(「櫛生小沿革誌」による) 続きを読む