昭和38年の大雪

災害年月日
1963年01月00日
市町村
愛媛県西予市(城川町)
災害種類
雪害  
概要
昭和38年(1963)1月から、2ヶ月に及ぶ大雪。1月16日にはバスの全線不通となった。1月25日には所により2m近い積雪となった。2月2日には窪野川後岩で納屋2棟が全壊、2月6日には窪野上高地より救助要請があり雪害対策本部が消防団一個分団を派遣、2月19日には豪雪による被害地区に医薬品を配布した。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
城川町誌編集委員会編「城川町誌」(城川町、1976年)、281頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雪 窪野 雪害対策本部
NO.
愛媛4995

よく似た災害

昭和43年の大雪

昭和43年(1968)2月15日午後から降り出した雪は、20~30cmの積雪となった。高松市内では、積雪のために配電線が切れ、1万戸以上の過程が停電し... 続きを読む

昭和43年の大雪

昭和43年(1968)2月14日から15日の豪雪により町内で20cm、山間部で50~90cmの積雪となった。道路上は立ち往生のため乗り捨てた車で混乱を... 続きを読む

昭和38年の大雪

昭和38年(1963)1月12日朝から雪となり、脇町では約10cmの積雪で、脇町幼稚園は臨時休園した。降雪は一時小康状態となっていたが、脇町では21日... 続きを読む

昭和43年の大雪

昭和43年(1968)2月14日夜半から15日午後にかけて雨をともなった西の風は最大風速28.9mの暴風となった。この雨が15日明け方から雪に変わり、... 続きを読む

昭和50年2月の大雪

昭和50年(1975)2月21日夜から23日にかけて、寒波の来襲により県西部では大雪となった。バスは運休、小・中学校は臨時休校の所が出た。配電線の切断... 続きを読む