弘化3年の暴風

災害年月日
1846年08月30日
市町村
愛媛県西予市(野村町)
災害種類
風水害  
概要
弘化3年(1846)7月9日、暴風により、家屋や大木の倒壊など被害が大きかった。「丑年の大風」と言われる。(「野村町郷土誌」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
野村町誌編纂委員会編「野村町誌」(野村町、1997年)、50頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
暴風 丑年の大風 野村町郷土誌
NO.
愛媛5033

よく似た災害

明和7年の干ばつ

明和7年(1770)、干ばつ。(「野村町郷土誌」による) 続きを読む

明和8年の干ばつ

明和8年(1771)、干ばつ。(「野村町郷土誌」による) 続きを読む

元禄9年の干ばつ・台風

元禄9年(1696)夏の大干ばつ、秋の大暴風雨により、広範囲に飢饉が起こった。(「野村町郷土誌」による) 続きを読む

元禄13年の台風

元禄13年(1700)、暴風雨により、宇和島藩で1万石の被害が出た。(「野村町郷土誌」による) 続きを読む

元禄14年の干ばつ・洪水

元禄14年(1701)、干ばつ、のち洪水により、宇和島藩で3万石の被害が出た。(「野村町郷土誌」による) 続きを読む