明治6年の台風

災害年月日
1873年06月30日
市町村
愛媛県伊方町(瀬戸町)
災害種類
風水害  
概要
明治6年(1873)6月30日より7月7日まで、暴風雨により、諸川が氾濫し、被害多し。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
瀬戸町誌編集委員会編「瀬戸町誌」(瀬戸町、1986年)、56頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 洪水
NO.
愛媛5558

よく似た災害

明治6年の台風

明治6年(1873)6月30日より7月7日まで、暴風雨により諸川が氾濫し被害多し。(「新居郡誌」等による) 続きを読む

明治6年の台風

明治6年(1873)6月30日より7月7日まで暴風雨、諸川氾濫、被害多し。(「愛媛県史」による) 続きを読む

明治6年8月の台風

明治6年(1873)8月29日、暴風雨により、重信川など河川が氾濫して、各地に甚大な被害を与えた。 続きを読む

明治6年6月~7月の台風

明治6年(1873)6月下旬から7月上旬にかけて、東予に暴風雨が来襲した。「新居郡誌」には「6月30日より7月7日まで暴風雨、諸川氾濫被害夥し」と記さ... 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)、暴風雨により中山川が氾濫した。また、鞍瀬川が増水し、明河小学校の運動場が流失。(「田野村誌」等による) 続きを読む