寛文7年の大火

災害年月日
1667年02月25日
市町村
愛媛県宇和島市(吉田町)
災害種類
火災  
概要
寛文7年(1667)2月3日午後3時、出火し、町方九ヶ丁ほとんど焼失、裏町一丁目のうちわずかに残すのみという大火となった。藩は御救米を与えて救済した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
吉田町誌編纂委員会編「吉田町誌 上巻」(吉田町教育委員会、1971年)、278頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大火 御救米
NO.
愛媛6029

よく似た災害

享保12年の大火

享保12年(1727)2月1日午の下刻(午後1時)、小高坂越前町から出火し、また翌日にも再び同町から出火し、両度の火災による焼失家屋は3,500戸に及... 続きを読む

寛政元年の火災

寛政元年(1789)1月10日、東浜で火災、東西の人家6軒を残すのみ。(「奈半利町史考」による) 続きを読む

明治25年の大火

明治25年(1892)3月15日、南八坂町より出火、50余軒を焼失する大火となった。 続きを読む

大正7年の大火

大正7年(1918)1月16日午前9時30分頃、神領村の寄井町から出火し、強風に煽られ、大火となった。(真田嘉之太郎編「神領村大火災誌」による) 続きを読む

大正5年の大火

大正5年(1916)4月24日、槇野々の邑の中心から出火し、強風にあおられ7戸をなめ尽くす大野見史上類を見ない大火となった。氏神二宮神社も焼失し、貴重... 続きを読む