明治19年8月の洪水

災害年月日
1886年08月20日
市町村
愛媛県鬼北町(広見町)
災害種類
風水害  
概要
明治19年(1886)8月20日、大暴風雨のため、夜には60年来の大洪水となり、広見川の堤防は至る所でほとんど破損し、各地に大きな被害が起きた。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
広見町誌編さん委員会編「広見町誌」(広見町、1985年)、42-43頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 台風
NO.
愛媛6138

よく似た災害

明治23年の台風

明治23年(1890)の暴風雨により、山々は至る所で放水して山崩れを生じ、濁流が人家と田畑を被い、至る所生き地獄と化した。(「仁淀村史」による) 続きを読む

明治40年の洪水

明治40年(1907)、連日の大降雨により吉野川が増水し、各所で堤防が決壊した。大津村では堤防決壊85箇所、延長2,825間に及び、大代のごく小区域を... 続きを読む

明治40年の洪水

明治40年(1907)、連日の大降雨により吉野川が増水し、各所で堤防が決壊した。大津村では堤防決壊85箇所、延長2,825間に及び、大代のごく小区域を... 続きを読む

天明5年の洪水

天明5年(1785)7月11日昼夜大雨になり、翌12日には各所で堤が切れ、被害が起きた。 続きを読む

昭和38年の長雨

昭和38年(1963)5月、月間の雨天日数が20~25日に達したため、被害は死者1人、家屋全壊2戸、半壊1戸、田冠水320町、畑61町、山崩れ14箇所... 続きを読む