昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
香川県多度津町
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日、南海大地震により、地盤沈下や海水浸入、湛水地域の拡大、排水不良など被害が長期にわたって続いた。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
多度津町誌編集委員会編「多度津町誌」(多度津町、1990年)、474頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 地盤沈下
NO.
香川13

よく似た災害

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)、南海地震による地盤沈下のため、白鳥の松原は浸蝕され、東部の新川流域の耕地も低地と化し、海水が浸入するようになった。このため、流... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前5時、南海大地震により、全村にわたって、石崖、堤防、道路の決壊、落石、亀裂などの被害をこうむったが、人畜の被害は... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、沈下量は多喜浜で39cm、壬生川町で55cmであり、新居浜市は40~50cmと考えられる。現在なお... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日の南海地震により、高知市では河川堤防が決壊し、長期にわたり甚大な浸水被害をこうむった。しかし、河川堤防の場所や被害の... 続きを読む

明治5年の地震

明治5年(1872)2月6日から3月6日まで、1ヶ月間の長期にわたって、断続的に地震が起こり、人々に恐怖を与えた。(椋名の庄屋・柳原家の記録による) 続きを読む