昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年00月00日
市町村
香川県三豊市(詫間町)
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)、南海大地震により、堤防が決壊し、塩田が水浸しになった。(写真1枚)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
写真でつづる詫間の20世紀わがふるさと編集委員会編「写真でつづる詫間の20世紀 わがふるさと」(詫間町教育委員会、2001年)、134頁
情報源の種類
写真集
キーワード
昭和南海地震 堤防決壊 塩田 写真
NO.
香川61

よく似た災害

昭和18年の洪水

昭和18年(1943)7月、肱川の洪水のため、大洲市本町一帯が水浸しになった。 続きを読む

大正8年の洪水

大正8年(1919)、金生川の大水により、鉄砲町、古町、川原町が水浸しになった。 続きを読む

昭和12年の洪水

昭和12年(1937)、金生川の大水により、古町、新町、農人町などの堤防が切れ、川之江町が水浸しになった。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日4時19分頃、南海大地震が発生した。香川県内の被害は死者52人、負傷者273人、家屋の全壊608戸、半壊2,409戸... 続きを読む

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日、南海大地震。地震後の中村町や四万十川大橋落橋の写真6枚あり。 続きを読む