昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年00月00日
市町村
香川県三豊市(詫間町)
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)、南海地震により、詫間町の海岸線では60cmもの地盤沈下が起こった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
「詫間町50年のあゆみ」編さん委員会編「詫間町50年のあゆみ」(詫間町、2005年)、28頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 地盤沈下
NO.
香川62

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、M8.0の南海地震が起こり、地震と津波の犠牲者は高知県で679人、徳島県で211人、香川県で52人、愛媛県で26人... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、M8.0の南海地震が起こり、地震と津波の犠牲者は高知県で679人、徳島県で211人、香川県で52人、愛媛県で26人... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、紀伊半島沖を震源とするM8.0の地震により、宇摩郡、新居郡で激しい揺れを感じた。双海地域の海岸線では40~50cm... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、徳島臨海平野では数十cmの地盤沈下が生じた。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月、南海の大地震が起こった。地震は大きくなく、家屋等の被害は割合に少なかったが、海岸線の地盤沈下が70~80cmとひどかった... 続きを読む